アラフィフのお得情報

大人のお金のかからない趣味とは

今までたくさんの習い事をしてきました。

お金もたくさん使い、残ったものといえば、いろんな知識。

先行投資は50歳までと思っていたのですが、ここにきて大きく趣味に使うお金の使い方を見直しました。ミニマリストになるために。

そこで、お金がかからずに楽しめる趣味を経験からご紹介。

○○認定講師になるのは考えてからにしましょう

たくさんちまたにあふれている、なんとか認定講師。私もたくさん持っていますが、これはあくまでもビジネスであり、自分が講師になったからといって儲かるわけではありません。

材料が安く買えるから、講師という名前があった方がどうせならいいだろう、と思うのが人間ですが、○○講師は中毒のように尾を引きます。

あれもこれもと認定講師をとりたくなりますので、これはよく考えてからにしましょう。

何十万支払うならそれだけの見返りがあるのか、またはそれだけの投資を自分にして後悔はないか、今一度よく考えてみてください。

ハンドメイドの世界に多いですが、私のおすすめは認定講師よりも、MIROOMの月謝会員でざっとみて、この先生ならやってもいいかな、このくらいの材料費ならやってもいいかな、と自分で体験してみてからでもよいかと思います。

一番お得なのは、体験を渡り歩く、です。

大抵の先生はお得な体験レッスンの設定をしています。体験だけ受けたい、と事前に言うといい顔をされないかもしれませんが、良い先生ならば、どうぞ、とやさしく対応してくださるはずです。

そしてそんな先生なら長く付き合えるかもしれない、と思うでしょう。

ランニングコストから考える

材料費や作成場所を広くとる、など、ランニングコストを考えます。

楽器を持っているならば、あとは月謝と楽譜がプラスアルファです。

材料費がただ同然のものもありますし、材料から自分で作るものもあります。

大量の材料を抱えないためにも、指導してもらい先生に分けてもらう、という手が一番です。

習いに行き、作りたいだけ作り、あとは自分で材料を持たない。復習が必要であれば先生に材料を多少分けてもらう、これが一番ベストです。

英会話なども先生へのレッスン料があれば、あとは自分の努力だけですね。

自分の時間をかけることはいわば無料なので、材料がかかるものではなく、自分の時間をかけるものをおすすめします。

ではどんな趣味がいいのか

ひとそれぞれの好みになってしまいますが

ハンドメイドは在庫を持たずに先生のところで作らせてもらう

楽器や英会話などは先生を吟味して個人でやっているところがあればそこで習う(大手はマージンが高いです。)

将来を見据えて講師になることを目指すのであれば、体験をたくさんして時間をかけてよい先生と環境を調べる。(年をとっても今からできることや自分でやってみたいことを吟味する)

50歳からはじめるならば、昔から自分がやってみたかったことを、最初はお金をかけない方法でやってみることです。

こちらのピアノはご自宅で眠っているならば、やる気さえあればDVDをしっかりやれば弾けるようにはなるでしょう。ただし、本当にご自分でやりたいと思った方はこれをクリアされた後に、習いに行くことをおすすめします。自分では間違ったやり方をしていても気づきません。

また同じシリーズで、サックスも別でもご紹介している吹奏楽の中ではおすすめな楽器です。

初心者のための吹奏楽での安い楽器ランキング 小学校、中学校から吹奏楽(音楽)を始めるお子さん、多いと思います。 でも、どの楽器にするか、はお子さん次第ですよね。 保護...