エディストクローゼット

レンタル服を旅先で着るおススメ利用法

先日、長期間の旅に出ておりました。できれば毎日同じ服ではない方がよい、そして、暑いか寒いか全くわからない、という状況です。

雨が降れば足元は汚れるし、暑ければ汗だくになります。

今回はエディストクローゼット4点をスーツケースに詰めて、自前服はパンツ2着、トップス1着で4泊を乗り切りました。主に帰り用です。

他に軽い上着とストールです。

旅先でのレンタル服の着用

今回のエディストクローゼットは、7分袖に近いコーディネートを選んでいたので肌寒くても大丈夫。前回の試着で、タイトスカートは入らなかったので持っていくだけ。

返却袋と伝票も忘れずに。

8月末 エディストクローゼットレギュラー1回目 8月末のエディストクローゼットコーデは、 Iセット  大人の上品さをキープしたフェミニンスカートセット 早速着画です。 ...

ワンピースはフル活用です。モデルさんのようにはなりませんが、この黒い花柄ワンピースはかなりの優れもの。長さもモデルさんの身長が157センチなので、ほぼこの通りです。

トップスも、うち1つを活用し、1着は近辺への買い出しに。

なぜ、近辺の買い出しにもレンタル服を利用したのか、それは、洗濯をしなくてよいからです

汗だくになったときにTシャツ1枚でも洗濯しなくては臭くなります。

レンタル服は臭くならないのか、いや、そんなことはありませんが、ハンガーにかけて乾かせばそんなに臭いはしません。それでも気になる方は、裏から消臭剤をひと吹きすれば臭いは気になりません。

汗をかいたら汚れます。皮脂汚れですね。ただ、レンタル服は洗濯しなくて返却OKというものなので、シミなどの汚れでなく、自分で丁寧に扱っておけば大丈夫です。

発送はコンビニから

そして、最終日の朝に、洗濯をせずに4着をコンビニより発送。

意外にも楽ちんなのがこの”洗濯やクリーニングをしなくてよい”です。

自分の服は洗濯をしなくてはならないのですが、それが半分になるだけでもおでかけにレンタル服は本当に便利です。

荷物も軽々~。自分の荷物は 化粧品程度でほとんどなし、で済みます。

いつも違う服を着ることができる、だけでなく、自分の手元に残らない=洗濯したり片付けたりしなくてよい、のです。

普段の通勤使いでは気づかない、旅行先でのレンタル服の利用は、やってみると辞められません。

それほど便利で 帰ってからも 楽ちんです。

少し期日が残っていても、この使い方はとても有効です。

ぜひぜひおススメします。