アラフィフのお得情報

携帯代を安くするには キャリアからの格安SIMへののりかえ体験(楽天モバイル、LINEモバイル)

総務省の家計費調査を調べていた際に、通信費が私の思っているよりも高かったので、ここの固定費を見直しました。それにしてもみなさんこんなに払っているのか?と本当に驚きました。しかも年々上昇傾向にあるようです。1人に1スマホ+タブレットなどの時代なのでしょうか。

キャリアと呼ばれる会社 AU,Docomo, Softbank は自社回線を持っていて、格安SIMはその回線を間借りしているような状態です。

間借りなのでどうしてもキャリアよりも速度は遅くなりますが、時間や会社により速さは異なり、一概にここがよいと言えるには日々の監視が必要になってくるくらいです。

キャリアのよいところ

分からないときに店舗にいっていろいろ相談にのってもらえること(ただし半日かかりです)

とにかく早さがほしい

安定している

キャリアの欠点

高い。とにかく高い。携帯代は無料です、にだまされそうになる。

サポートは厚いかもしれないが、時間がかかる。対応している人の知識を疑うことがある。

キャリアは、宣伝広告費や人件費、店舗にかなりお金がかかっています。

Y!モバイル と UQmobile

Softbank は一ランク下として  Y!モバイル を、AUは、UQmobileを位置づけています。

SoftbankやAUのスマホはSIMロック解除しないと格安SIMで使えないこともあるので要注意です。

その点、機種はそのままに、格安SIMよりは少し料金は高いけど、回線は早いです。

どっちつかずのイメージがあります。速度を求める方には選択肢としてありでしょう。

それでは、格安SIMと呼ばれているところはどうなのでしょうか。

Docomo系、AU系、 Softbank 系、他

SoftbankもOpenとなり、3キャリアとも選べるようになりました。これにより、キャリアで持っていた携帯を2年ごとに変更するのではなく、もう少し長く使って料金を安くすることができるようになりました。

回線ごとに仕様が異なるようですので、格安SIMの会社にて自分の機種が使えるのか、よく確認してください。

8万もする携帯を2年ごとに替えるなんて、今とはっては信じられません。

そこそこの機能を持った携帯がもっと安く売っています!

(できれば2カメラ以上、4G/64G、あるときれいに写真が取れていっぱい保存できてうれしい。)

また、携帯も1万~と中国勢など安く高機能の製品が出ています。

まずは、自分の使っていた携帯がDocomoなのかAUなのかSoftbankなのかを調べて、それを使える会社を選びましょう。SIMフリーの場合にはどこの会社でも大抵大丈夫です。

私は楽天ユーザーなので楽天モバイルを家族分まるっと契約しています。ポイントももちろんつきますし、支払いをポイントで行うことも可能です。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

通話つきだと、1年~3年の縛りがあります。キャリアは大抵今でも2年縛りです。その縛りが嫌でMVNO会社へ切り替えたということもあります。

LINEモバイル

LINEモバイルも使っていました。固定費見直しで解約しました。

LINEモバイルは、SNSのパケットフリーやLINE MUSICのフリーなどがあり、お得です。

それに格安SIMにはない、LINEの年齢認証があります。ID検索できるのです。楽天では年齢認証がなく、意外にも不便だったのです。

私の場合には携帯の機種が悪かった(安かった)のか、つながりが悪くてLINE MUSICとLINEのみの使用が多かったので泣く泣く解約としました。

1年のしばりのみで契約解除料がかからなかったのが良かったですね。

あとは、SNSフリーはよく使う方にはお得だと思います。メイン回線でも、そこそこの機種であればストレスなく使えるようです。

困ったとき、壊れたときはどうするの?

キャリアと異なり、店舗数が少なかったり、なかったりするのが格安SIMです。

以前格安SIMで、3か月に3回壊されたことがあり(保証範囲外)、あまりに面倒でキャリアに戻させたことがあります。安心保障などのオプションをつけておけばサポートに連絡します。ついていなければ、同じ機種を自分で購入して、SIMカードを挿入します。

こんな保険に入っておけばよかったと思っています。1台保障って500円はしますもんね。画面壊れたら2万くらいするので、買い替えになっていました。これからは3台700円、しかも携帯の保証には入っていない水没も範囲内です。早速、なかなかオプションを切ることができなかった保障を辞めて、iPadなど高めを選んでこちらの保険にしようかと思っています。

キャリアでないと、すぐに対応ができないこともあるので、携帯は大事に使うようになりました。

壊れたときもそうですが、まずは知識がないと、自分の携帯が使えるのかどうかも分かりませんし、SIMカードが届いてからのAPN設定も少しとまどうかもしれません。

いっそのこと、新しい携帯を一緒に購入してしまうのが一番楽です。設定されて届くのでSIMカードをいれて回線手続き(電話一本)を入れるだけです。

最初の購入、設定以外に困ったことはあまりありませんが、やはりキャリアはサポートと宣伝人件費に高いお金がついているのであることは、本当に困ったときによくわかります。

まとめ

格安SIMを使って2年以上。楽天も以前は速度が遅かったのですが、今はストレスなく使えています。

またWi-Fiを賢く使って、パケットを減らしましょう。

キャリアに戻りたい気持ちはありますが、高くて戻れません。実際の金額はこちらです。

LINEその1:4,160円(携帯代含む)
LINEその2:3,804円(携帯代含む)→解約
楽天その1:1,988円(携帯代なし)
楽天その2:2,294円(携帯代なし)2Gのプランから6Gのプランへ
UQmobile:4,607円(携帯代なし)→楽天へ。携帯は一括支払い。
WIMAX:約4,000円 → 解約

合計:20,853円 → 約13,000円 (一時的に携帯残金とWIMAXの契約解除料がかかる)

これがキャリアだと、少なくとも一人6千円×4人程度になるのではないでしょうか。どんなに見直してもこれ以上安くはできないですよね。

この見直しは誰でもがんばってリサーチすればできるものです。どうしても出先で高速回線が必要なお仕事の方をのぞけばキャリアである必要性はありません。

賢く通信料を減らしましょう。自分の近くにいる人に実際聞いてみてもいいですね。

以上、リサーチ大好きMIDORIの体験談でした。